no image

Git の管理系コマンド

1. Gitの管理系コマンド

Gitでの操作履歴確認、リポジトリファイル名の確認など、管理系のコマンドについて纏めます。

gitの基本操作は以下ページから。

2. 確認コマンド

2-1. 現在の状態(変更履歴)を確認する

 $ git status

ファイル修正などを何もしていない場合

 $ git status
On branch master
Your branch is up to date with 'origin/master'.

nothing to commit, working tree clean

ファイル修正などを行っている場合(README.mdを修正した場合)

$ git status
On branch master
Your branch is up to date with 'origin/master'.

Changes not staged for commit:
  (use "git add ..." to update what will be committed)
  (use "git checkout -- ..." to discard changes in working directory)

        modified:   README.md

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

2-2. コミットの履歴を確認する

git logコマンドを利用する事で、過去に実施したコミット内容を確認できる。

$ git log
commit 1097a4158b39e36f5092c89 (HEAD -> master, origin/master)
Author: hashihei 
Date:   Sun Jun 23 20:31:00 2019 +0000

    file delete.
:

logは通常1画面に表示できない程大量にある為、以下の操作コマンドを利用して確認する。(他のキーバインドでも同等操作可能なものもあります)

No. キーバインド 操作内容
1 h ヘルプを表示する
2 q ログ確認の終了
3 j 1行下(先)へ進む
4 k 1行上(前)へ戻る
5 f 1画面分下(先)へ進む
6 b 1画面分上(前)へ戻る
7 q ヘルプの終了

2-3. コミットの履歴を確認する(1行表示)

 $ git log --oneline
1b939c0 add new file.
4e1b30c create function.

2-4. コミットの内容を確認する

最新のコミット内容を確認する

 $ git show

git logコマンド等で確認したコミットタグを指定して内容を確認する。

 $ git show [commit tag id]

2-5. 利用リポジトリ情報を確認する

 $ git config -l
~
user.email=yourmail
user.name=username
~
remote.origin.url=https://github.com/[username]/***.git
remote.origin.fetch=+refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
branch.master.remote=origin
branch.master.merge=refs/heads/master

2-6. gitファイルの移動

gitに登録したファイルを移動させる場合は、以下のコマンドを利用する。

 $ git mv [path from] [path to]

2-7. リモートリポジトリ一覧の確認

登録されているリモートリポジトリの一覧を確認するには以下のコマンドを利用する。

 $ git remote
origin

リポジトリのURLなどを確認するにはshowコマンドを用いる。

 $ git remote show origin
* remote origin
  Fetch URL: https://github.com/[username]/****.git
  Push  URL: https://github.com/[username]/****.git
  HEAD branch: master
  Remote branch:
    master tracked
  Local branch configured for 'git pull':
    master merges with remote master
  Local ref configured for 'git push':
    master pushes to master (up to date)

2-8. リモートリポジトリの追加

originとしてgithubを利用しているが、Bitbucketも利用している場合などは、以下のコマンドでリモートリポジトリを追加する。

 $ git remote add [username] [remote repository PATH]

2-9. ファイル編集内容を確認する

 $ git diff

3. 日本語マニュアル

公式日本語マニュアルは以下から確認できます。