GAEでFlaskの基本フォルダ構成とテンプレートの活用

GAE上でページ遷移するWebページの作成を行います。Flaskにはinclude, extendsという構文があり、これらを用いる事でWebページの共通部分(HeaderやFooterなど)を別ファイルとして管理できます。jsファイルやcssファイルの読み込み等、複数ページで同じ処理を記述する部分に用います。

トップへ戻る