Azure Static Web Appsから移転したのでリダイレクト設定した

設定後、googleでサイトを検索したところ、直ぐに旧サイトがgoogleの検索結果から消えていた。すごい。

Azure Static Web Appsからの移転について

一度サービスの検証を兼ねてAzure Static Web AppsでSPAを作成したものの、やっぱりVercelやCloudflare Pagesで運用していきたいと思い直した際の備忘録です。

Azure内の他サービス、他社サービスへの移転方法(ベンダーロック回避含む)について考えたところ、他のサービスでも変わらないかと思いますが、大きく分けて以下の3
つがあります。

  • グローバルIPに対するSLBでのNAT/Rewrite
  • DNSの付け替え
  • HTML Redirect

Azure Static Web Appsの有料プランでDNSの指定を行っていた場合、DNSの付け替えで移転を行うのが最も簡単で、サーチエンジンからのサイトの評価も落とすことなく、ベストプラクティスといえるでしょう。ですが私の場合はFreeで利用していたため、この方法を選択する事ができず、HTML Redirectを行う事にしました。

2. Azure Static Web AppsにおけるHTML Redirect

Azure Static Web AppsでのHTML Redirectはpublic/routes.jsonというファイルに記載します。以下の様にserveに移転先URLを指定するだけです。

{
    "routes": [
      {
        "route": "/index.html",
        "serve": "https://itensaki.com",
        "statusCode": 301
      }
    ],
    "defaultHeaders": {
      "content-security-policy": "default-src https: 'unsafe-eval' 'unsafe-inline'; object-src 'none'"
    },
    "mimeTypes": {
        "custom": "text/html"
    }
}

index.htmlに記載するのではないため、癖はあるものの、とても簡単です。公式参考ドキュメントは以下にあります。

私のケースでは設定後にgoogle検索をしたところ、既にgoogle検索の結果から旧サイトは消えていました。これはだれが見ても同じというわけではないのかもしれませんが、効果は絶大でした。

コメントを残す

email confirm*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)