2018年10月

cloud

GCPのVMインスタンスへターミナルソフトから直接SSHする

Google Cloud コマンドラインツールを用いてVMインスタンスへ接続します。

cloud

Cloud SDK – GCPをコマンドラインから管理するツールをインストールする

はしへいです。クラウドサービスではWeb GUIから操作するのが最初に覚える方法であり、最も取っ付きやすい操作方法となります。ですが時には日次バッチ処理やVMインスタンス内のディスク使用容量のちょっとした確認など、LinuxのCUI操作を行う必要のある場面もままあります。このCUI操作は

cloud

GCPでVMインスタンスのSSHポート番号を変更する

GCPに限らずパブリッククラウドやVPSなどを利用してVMマシンを利用する場合、手元のPCから作成したVMマシン(Unix/Linux)への接続には大抵SSHを利用しています。このSSHは通信は暗号化され、一般的によく利用されますが、クラッカーの攻撃対象にもなりやすいです。SSHのパスワードを突破・VMマシンを乗っ取られると、ハニーボットとして利用される事もあります。

cloud

GCPでVMインスタンスに固定グローバルIPアドレスを割り当てる。

はしへいです。GCPでVMインスタンスを新規作成すると、自動的に外部IPとしてグローバルIPアドレス(IPv4)が付与されます。Webサーバ構築済みVMイメージを利用したVMインスタンスを起動し、この自動的に付与された外部IP(エフェメラルアドレス)ヘアクセスすると作業開始から5分程でWebサーバの公開まで出来てしまいます。しかも起動されたVMインスタンスに紐つけされた外部

cloud

GCPでVMインスタンス(仮想サーバ)の作成とWebベースSSHログイン

はしへいです。GCPで仮想マシンを利用するにはVMインスタンス(仮想サーバ)を作成します。GCPではmicroサイズのVMインスタンスであれば条件により無料で利用する事ができますので、Linux勉強の為にという事であればmicroサイズのVMインスタンス作成がおすすめです。

cloud

GCPのプロジェクトとは

はしへいです。GCPを始めるとデフォルトで「My First Project」というプロジェクトが作成され、作成したVMインスタンスなどのリソースはこのプロジェクトに格納される。作成するVMインスタンスや利用サービスをグループ分けしたい際には、このプロジェクトを新たに作成し、リソースをグループ分けすることができる。