no image

Cloud SDK – GCPをコマンドラインから管理するツールをインストールする

1. はじめに

はしへいです。クラウドサービスではWeb GUIやWebブラウザ内のSSHコンソールから操作するのが最も手間がかからない操作方法となります。ですがLinuxのサーバ構築や日次バッチ処理の設定、サーバ内のディスク使用容量のちょっとした確認など、LinuxのCUI操作を行う必要のある場面もままあります。

GCPをローカルPCにインストールされたteratermやmacのターミナルなどから操作したい場合には、Cloud SDKをインストールして利用します。私の環境Mac OS X(High Sierra)にインストールしてみました。

2. Cloud SDKのダウンロードとインストール

2-1. Pythonがインストールされているか確認する

Cloud SDKのインストールには、Python 2.7が必要です。ローカルPCにインストールされていない場合は、Pythonサイトからダウンロードしインストールしましょう。

Pythonがインストールされているかを確認するにはターミナルソフトから以下のコマンドを実施し、Python 2.7系がインストールされているか確認します。

 $ python -V
Python 2.7.10

2-2. Cloud SDKのインストール

Cloud SDKのWebサイトを開き、「インストール」ボタンをクリックして、インストールファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍し、コマンド群を設置したい場所へ移動させる。(今回の場合は/usr/local/shareの下にしました。)

 $ cd ~/Downloads/
$ tar xvfz google-cloud-sdk-180.0.0-darwin-x86_64.tar.gz
$ mv google-cloud-sdk /usr/local/share/
  • 上記のtar.gzファイル名はバージョンアップ等により変更される場合があるので、適切なものを指定すること。

今後コマンドを利用しやすい様に、PATHを設定しておきます。

 $ cd .
$ vi .bash_profile

以下の行を最終行に追加し保存します。

export PATH=$PATH:/usr/local/share/google-cloud-sdk/bin

追加したPATHを読み込み、有効化します。

 $ cd .
$ source .bash_profile

3. gcloudコマンドの初期設定

gcloudコマンドの初期設定を実施するシェルを実行します。続けるにはログインが必要と言われるので、「Y」を投入します。

 $ gcloud init
.....
.....
You must log in to continue. Would you like to log in (Y/n)? Y

自動でブラウザが起動し認証するの為のリンクが開かれます。利用したいgoogle アカウントを選択します。(自動で開かない場合は、ターミナルにURLが記載されていますので、ブラウザで開くようにします。)

許可をクリックして続けます。

ターミナルに戻ると、デフォルトプロパティの設定が開始されます。

対象プロジェクトの選択を促される為、利用したいプロジェクトを選択します。

Pick cloud project to use: 2
 [1] advance-state-76429
 [2] My Project 1
 [3] Create a new project

GCEの設定を行って良いか問われる為、「Y」を投入します。

Do you want to configure Google Compute Engine
 (https://cloud.google.com/compute) settings (Y/n)?Y

最後にデフォルトで利用するZoneについて問われる為、好きなものを選択する。メインで利用しているZoneを選択すると良いでしょう。

 [1] us-east1-b
 [2] us-east1-c
  .......
 item): 1

これでインストールは完了です。最後にgcloudコマンド経由でファイアウォールルールを確認する事で、実際に利用できるか確認しておきます。

 $ gcloud compute firewall-rules list
NAME                    NETWORK  DIRECTION  PRIORITY  ALLOW                         DENY
allow-ssh-10022          default  INGRESS    1000      tcp:10022
default-allow-http      default  INGRESS    1000      tcp:80
default-allow-https     default  INGRESS    1000      tcp:443
default-allow-icmp      default  INGRESS    65534     icmp
default-allow-internal  default  INGRESS    65534     tcp:0-65535,udp:0-65535,icmp
default-allow-rdp       default  INGRESS    65534     tcp:3389
default-allow-ssh       default  INGRESS    65534     tcp:22
wordpresspro-1-tcp-443  default  INGRESS    1000      tcp:443
wordpresspro-1-tcp-80   default  INGRESS    1000      tcp:80

gcloudコマンドに関するURL(インストール/初期化/gcloudコマンドマニュアル)は以下の通りです。

  • https://cloud.google.com/sdk/downloads
  • https://cloud.google.com/sdk/docs/initializing
  • https://cloud.google.com/sdk/gcloud/reference/